> > 職業によるカードローン審査の結果の違い

職業によるカードローン審査の結果の違い

同じ金額のお金を借りる場合でも、職業によって審査の結果は変わってくるのでしょうか?カードローンの審査に通りやすい職業と通りにくい職業はある?職業はどれくらい審査に影響がある?その点について詳しく解説します。
235 views
職業によるカードローン審査の結果の違いのイメージ

職業によってカードローン審査の結果に違いはある?

カードローンの申込みをするときに、自分の職業じゃ難しいかな・・・と不安になってはいませんか。果たして審査に有利な職業・不利な職業とは存在するのでしょうか?もし不利な職業だった場合、どうしたら良いのでしょうか。実際に調べてみましょう。

カードローン審査に職業は関係してる?

関係しています。カードローンの審査で、もっとも重要とされているのは何だと思いますか?それは安定した収入を継続していることです。

細かいことを言えば、年収が◯◯◯万円以上など、ローン会社によって審査基準は変わってきます。が、毎月お給料をもらっているごく普通のサラリーマンなら、ほとんどが審査を通過できるでしょう。

 

世の中にはさまざまな職業あり、お給料も雇用スタイルもさまざま。しかし、有名企業に勤めるAさんと、名も知らぬ会社に勤めるBさん。二人から同時に名刺をもらった場合、もし、ふたりの性格を知らなくても、前者のほうが信頼度が高いのではないでしょうか。

また、夜の商売をする人は信頼できない・・・という偏見を無意識にもってはいないでしょうか?「職業に貴賎なし」と言われるように、どんな職業でも社会に必要とされる仕事。仕事内容によって、その人を差別するべきはありませんし、カードローンの審査も、職業で人を差別しているわけではありません。

 

しかしながら、カードローンは慈善事業ではないため、融資したお金を確実に返してくれる人に、お金を貸したいと考えています。そこで審査の有無に直結してくるのが、職業なのです。

カードローンの審査では、申込者をあらゆる角度からスコアリングして、その人に貸しても良いかどうかを判断します。なかでも職業は、スコアリングの結果を左右する大きなポイントであり、職種や雇用形態など細かく分類して点数付けしています。さらに、過去の同じ属性を持つ利用者とも照らし合わせて審査していきます。

そのため、審査に有利な職業・不利な職業が存在します。

カードローン審査に有利な職業ってあるの?

審査で優遇されるのは、なんといっても、安定した収入がある人。さらに高収入なら、返済も難しくないと判断されます。具体的な職業でいうと、以下が当てはります。

公務員

公務員は認知の高い職業であり、なんといっても国が雇用しています。民間企業のように倒産する恐れもありませんし、よほどじゃない限り退職することもありません。

医師・弁護士

社会的に「先生」と呼ばれる職業も有利と言われています。国家資格を持っているなら、仕事を失うことはほとんどありませんし、年収自体が高いため優良顧客と判断されます。同じ国家資格を持つ税理士・司法書士・看護師・薬剤師なども有利と言われいます。

上場企業の正社員

上場企業や帝国データバンク(企業信用調査する会社)に情報がある会社の正社員なら、中小企業の正社員に比べて優遇される傾向にあります。

審査では雇用形態もチェックされる

上記で正社員と触れましたが、職業そのものだけでなく、雇用形態も大きく影響してきます。ある程度の想像はつくかと思いますが、以下のように優遇度が変わってきます。

 

正社員>契約社員・派遣社員>アルバイト・パート

 

昔は社員=終身雇用のイメージがあり、審査においても絶対条件のような見方がされていました。が、現代社会では契約社員〜アルバイトの雇用形態も増加しており、カードローン審査も柔和な対応をするようになっています。

たとえ正社員でなくても、安定した収入を継続している場合なら、審査をパスする可能性も高いです。勤務年数が高く、信用情報に傷がないなら、その可能性はさらに高くなるでしょう。

カードローン審査に不利な職業ってあるの?

有利とされるのが、安定した収入を継続している職業なわけですから、その逆を考えればいいのです。

  • 収入が不安定
  • 離職率が高く
  • 雇用が不安定

これらの条件に当てはまるのは、以下の職業です。

自営業・個人事業主・会社経営者

自営業者は、サラリーマンより不利と言われています。いくら儲けがあろうが、会社組織に所属していない分、信用面での評価がつかないのです。フリーランスで働いている人も同様です。とくに、事業開始から日が浅い場合には、実績がありませんから、審査通過は難しいといえるでしょう。

社会的地位の高そうな会社経営者ですら、審査においてのスコアは低いのです。それでも、帝国データバンクに情報があり、安定経営と判断されれば評価があがる場合があります。が、逆に情報がない場合には、評価を下げてしまいます。

自営業者の括りとなる農業・漁業従事者も、季節によって収穫・漁獲量が変化したり、天候に左右されることも多いため、安定に欠ける職業と判断されます。

カードローンのなかには、事業費だけでなく生計費ともしても使える、事業者向けカードローンというものもあります。利用目的によってはそちらを選んでみるのも手かもしれません。

タクシー運転手・トラック運転手

歩合給は、本人の働き方によってお給料が変化してくるため、本人が体調を崩すと収入に響くため、安定しているとは言えません。また、働き先を転々と変えるドライバーも多く、離職率の高さからも不利といえるでしょう。

水商売

水商売の「水」が収入の不安定さを表すように、浮き沈みの激しい職業です。離職率が非常に高く、雇用形態も不鮮明なことが多く、収入証明の書類も提出もままならない場合には、審査が不利に働きやすいです。加えて、水商売の人は浪費家のイメージがついてまわります。

しかし、雇用側がちゃんとした会社組織で、収入が安定していて勤続年数もそれなり、書類をキチンと提出できるのであれば、水商売であっても審査を通過できる可能性があります。

芸能人・アーティスト

華やかな世界にいる芸能人も、収入の安定面ではスコアが低いです。いくら人気があっても、それがいつまで続くかは誰にもわかりません。アーティストに関しても同じことが言えます。

日雇い・住み込み

ともに離職率が高いと言われています。日雇いは収入が不安定と判断されますし、住み込みは離職したと同時に住まいもなくなるため、支払いが厳しくなる可能性や、借り逃げされる危険があります。

無職

残念ながら問題外です。しかし、専業主婦(主夫)で配偶者に安定した収入があるなら、本人が無職の場合でも審査を通過できるでしょう。しかし、これは銀行カードローンに限った話。消費者金融カードローンは総量規制対象になるため、年収ゼロの専業主婦には借りることはできません。

審査に不利だからといって偽装はダメ

職業に不安があるから、アリバイ会社(偽装会社)を利用してしまおうと、良からぬ考えをもっている人もいるかもしれません。アリバイ会社とは、お金を払うことで、在籍確認の対応をしてくれるなど、あたかも健全な会社に勤めているかのように見せかけてくれる会社のことをいいます。

しかし、アリバイ会社を利用するのはとても危険です。バレた際には詐欺罪が適用されますし、実際に摘発された人もいます。

いかがでしょうか。職業というものは、そう簡単には変えられませんよね。不利とされる職業だったとしても、審査されるのは職業だけはありません。また、勤務年数が長かったり信用情報にキズがなければ、カードローンを手にすることができるでしょう。その点も厳しいなら、希望額を控えめにすることで、審査を少しでも有利に運ぶことができますよ。

こちらの記事もよく読まれています

  • カードローンの審査に必要な書類
    初めてカードローンの利用を考えている方は、借入をする際にどんな書類が必要なのかと気になると思います。もしかして身分証明書以外にも多くの書類が必要になるのでは?そこで、借入希望金額や目的別に、カードローンの審査に必要な書類をまとめてみました。
    494 views
  • カードローンの審査の内容
    カードローンの審査って、いったいどんなところを見られているんだろう?良く考えるとちょっと気になる点ではありますよね?年収の額をちょっと盛ってしまったら?すでに借りているローン金額を少なく申告してしまったら?そんな疑問にお答えします。
    269 views
  • カードローンの契約に保証人は必要なの?
    カードローンの審査には保証人が必要?できれば、誰にも知られずにお金を借りたいけど、保証人が必要ならそれも無理...。そんな不安がある方も安心してください。今のカードローンのほとんどが保証人をつける必要が無いんです。
    252 views
  • 総量規制ってなに?対象外のローンもあるの?
    総量規制について、何となくの知識がある方も多い一方、どのローンが該当するのかまでは詳しく知らないケースも多い様です。実は細かく分類されている総量規制のルールと対象外のローンについて、詳しく説明します。
    206 views
 

ページのトップへ