> > 学生でも借りれるカードローン

学生でも借りれるカードローン

学生だからという理由で、カードローンの利用を諦めていませんか?20歳以上でアルバイトをしてるなら、学生でもキャッシングは可能です。さらに、家族に借金を知られたくない方のために、親バレ回避の申込み方法を詳しくレクチャーします。学生必見!
317 views

大学生活もお金が掛かる!学生でも借りれるカードローンってある?

サークルにコンパ、流行りやオシャレにも気を遣わなきゃいけないし、学生って意外にお金が職業ですよね。お財布に多めにお金を入れておいたはずなのに、飲み会の翌日には空っぽなんてことはあるあるですよね。

次のアルバイト代が出るまでは期間があるし、お金がないのを理由に誘いを断るのはプライドが許さないし、友人関係に支障をきたすことだって考えられます。

バイト料を増やしてお給料をあげたいのは山々だけど、本職である学業も疎かにはできませんよね。そこで利用したいのがCMで目にするカードローンの存在です。

でも、親のお世話になっている学生の身分でも、カードローンを利用することは可能なのでしょうか?

学生がカードローンを利用できる2つの最低条件

カードローンを申込む際、学生に求められる最低条件は2つあります。まずは

  • 年齢が20歳以上であること
  • 安定した収入があること

この2つを満たしていなければ、カードローンの審査はおろか受け付けてももらえません。20歳未満であれば20歳の誕生日を待たなければなりません。たとえ学生でなく、正社員として働いていたとしてもNG。

「安定した収入」というのは、金額よりも継続されたものを重要視します。つまり、アルバイトでも定期的な収入があれば条件を満たします。もし、今現在バイトをしていないのであれば、バイト先を見つけることが優先。

ただし、これはあくまでカードローン申込時の最低条件。

カードローンを利用するためには、申込み後に審査・契約を経てカードを発行してもらわねばならないのです。

カードローン申込み前に学生が知っておきたい注意点

カードローンへ申込みをする前に、ぜひとも知っておきたい注意点がいくつかあります。事前に知っておくことで、スムーズに借入(お金を借りること)することができますよ。

先に言ってしまうと

  • 年収によって借りられる金額が決まっている
  • クレジットカード・ケータイ料金に未払いはないか
  • 申し込み時に嘘はつかないこと

があげられます。細かく説明していきますね。

借入できる上限金額は年収に影響される

カードローンには、SMBCモビット・アイフルなどの消費者金融から提供される「消費者系カードローン」と、銀行から提供される「銀行系カードローン」があります。

消費者金融系は、500万円以下の少額融資向けで融資スピードが速いけど、その分金利が高いのが特徴。銀行系は、500万円以上の大口融資向けで融資スピードは劣りますが、金利は低めに設定されています。

  • 消費者金融系カードローン:融資額500万円以下・融資スピード速い・金利高い
  • 銀行系カードローン:融資額500万円以上・融資スピード遅い・金利低い

こう見るとどちらも甲乙つけがたいのですが、実は消費者金融系にはさらに法律(貸金業法)による縛りがあります。「総量規制」といって、借りすぎ防止のため年収の1/3以上の融資は行ってはならないのです。

つまり、月7万円のアルバイトをしているなら、7万円×12ヶ月=84万円。84万円×1/3=28万円。借りられる上限金額は28万円となります。

しかし銀行系では、貸金業法ではなく銀行法が適用されるた総量規制の対象外。「年収の1/3まで」という縛りがありません。しかしながら、年収の1/3程度の融資額がおおよその基準となっている銀行が多いようです。

ただし、この総量規制とは関係なく、ローン会社が独自で「学生なら上限金額は◯◯万円」と定めているところも。

クレジットカードやケータイ料金に未払いがあると審査に不利

もし、クレジットカードを持っていて、問題なく利用しているなら、審査に有利になる可能性があります。逆に返済が遅れていたりすると不利になる可能性も。

ローン会社をはじめ、お金を取り扱う金融業界では「信用情報」なるネットワークを共有しており、個人のそれまでの金融履歴を記録し続けています。クレジットカードやローンはもちろん、公共料金の支払いまで月々の利用状況・支払い状況が記載されています。いわば金融の履歴書みたいなもの。

クレジットカードがなければ金融記録は真っ白なのですが、クレジットカードを利用しても、しっかり返済しているのなら信用度があがることも。

ここで注意すべきなのは、ケータイ料金の支払い状況も信用情報に記載される点。もし、未払いがあるなら最低5年間は記録が残り、ケータイの機種変はおろか、カードローンの審査を通過することも難しくなります。

もし、カードローンを利用したいのであれば、まずはケータイの未払い分を完済してしまうのが得策といえるでしょう。

カードローン申込み時に嘘をつくと痛い目みます

たとえば「年収の1/3以上じゃ足りない」からと言って年収を偽る、アルバイト先を偽る、親にばれたくないから住所や電話番号を偽る、全てNGです。嘘だとバレてしまえば、審査を落とされる可能性は格段にあがります。

バレないだろう・・・とタカをくくっていても、身分証明書や信用情報の照会でいとも簡単にバレてしまうんですよ。ましてや相手は金融のプロ。そうそう嘘を見落とすわけがありません。

悪意ある嘘の場合には虚偽の申告と判断されて、今後一切のカードローン申込みを拒否されてしまうことも。

また意図的ではない誤字による申込みも嘘と判断されてしまうことがあります。嘘まではいかないまでも「だらしない人」と判断されて、審査結果を左右することだって考えられますよ。申込みをする前に誤字脱字もチェックすること。

ちなみに、親から受ける「仕送り」は年収には含まれません。

学生でも親バレしないカードローンの利用方法

学生がカードローンを利用するとき、できる限り避けたいのが親バレ。もしバレてしまったら、説教どころか勘当されてしまうかも・・・そう考えたらなにがなんでも隠し通したいもの。

親にバレずにカードローンを利用するためには、電話・書類・ローンカードの3つに注意する必要があります。

連絡先には個人のケータイ番号を記入しておく

こうしておくことで、自宅に電話がかかってくるのを避けることができます。でも、もし自宅に電話がかかってきたとしても、ローン会社が社名を名乗ったり「カードローンの件でお電話しました」なんて言うことはないので安心してくださいね。

電話では社名ではなくスタッフの個人名を名乗るのが基本です。同じくアルバイト先の在籍確認でも「鈴木ですが、◯◯さんいらっしゃいますか?」という具合に電話してきます。

もし、本人が電話に出られなくても働いていることさえわかれば、審査に影響はありません。

契約書類は自動契約機で受け取ろう

カードローンの審査に無事通過すると契約手続きをして、自宅宛に契約書類が送られてきます。本人がいない間に、中身を確認してしまう親や発送元に疑問をもつ親もいるかもしれません。

親バレのリスクを少しでも避けるためには、自動契約機まで行ってローンカードと契約書類を受け取ってしまうのがベター。あとは親の見えないところに隠しておけばいいのです。

意外な落とし穴としては、忘れた頃にやってくる利用明細書。最近ではペーパーレスなWEB明細もあるので、契約時にそちらを選択しておくと郵送物から親バレする危険を回避できます。

また、滞納することで催促の郵送物が届くので、返済が遅れてしまう場合はローン会社に事前に連絡するようにしてください。

ローンカードはお財布でも見えないところに

親心からこっそりお財布にお金を入れてくれる親御さんもいることでしょう。そこでローンカードを見つけてうっかりバレるケースもあります。ローン会社でも、キャッシング用だとすぐわかるようなデザインは避ける配慮をしてくれています。

とはいえ、自宅ではお財布を投げっぱなしにしておかないように。

学生が申し込むなら大手カードローンが安心

まれにヤミ金や悪徳業者がいるので、できればコマーシャルで見かける大手に申込むのが安全です。クレジットカード現金化は違法行為ですの手を出してはいけません。

いろいろな申込み方法がありますが、なかでもインターネット申込みがおすすめ。24時間いつでも受け付けているため、真夜中やアルバイトの休憩中でも申し込むことができます。

大手ならスマホアプリを使ってもっと簡単に申し込めますよ。申込み時には、運転免許証・健康保険証・パスポートなどの本人確認書類が必要となり、写真を撮ってアップロードしたり送信して提出します。

消費者金融では、審査スピードも30分というところが多く、申込みから最短1時間でお金を借りることができます。なかでもプロミスなら、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座が手元にあれば、瞬フリといって最短10秒で口座へ入金してくれるサービスも。初めての利用なら、30日間無利息サービスも行っているので、短期間の利用ならおすすめです(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)。

銀行系なら、三井住友銀行ではキャッシュカードにローン機能を追加することができるので、ローンカードを新たに持つ必要がないうえ、親バレの危険も低くなります。

さらに、口座残高が足りない場合には自動的に融資を行い、クレジットカード引き落とし日の残高不足を解消してくれますよ。もちろん銀行なので低金利。

カードローンで即日融資を受けたいなら

申込み当日にお金を借りたいのなら、銀行系であれば平日14時ごろに契約を終わらせていること。

消費者金融系なら、少なくとも20時には契約まで進んで、自動契約機にローンカードを受け取りに行くこと。

以上が即時融資の条件といえます。

 

ただし、お金を借りるということはその先には必ず返済が待っています。まだ学生と言っても、20歳を超えた立派な成人。返済できないなどと泣き寝入りすることは許されません。

返済計画をしっかり立てたうえで利用しないと大変です。なかには、返済に翻弄されて留年した利用者もいるので注意してくださいね。

また、多数のローン会社に一斉に申し込むのもNG。申込みブラックといって、どこの審査もおとされてしまいますよ。1〜2社に絞って申込みをしてください。

もし、学費が足りなくて困っているなら、奨学金や学生本人でも申し込める学生ローンを利用する方法も。ただし、手続きには時間がかかるため、即日融資は難しいでしょう。

こちらの記事もよく読まれています

  • カードローンの審査に必要な書類
    初めてカードローンの利用を考えている方は、借入をする際にどんな書類が必要なのかと気になると思います。もしかして身分証明書以外にも多くの書類が必要になるのでは?そこで、借入希望金額や目的別に、カードローンの審査に必要な書類をまとめてみました。
    691 views
  • カードローンの審査の内容
    カードローンの審査って、いったいどんなところを見られているんだろう?良く考えるとちょっと気になる点ではありますよね?年収の額をちょっと盛ってしまったら?すでに借りているローン金額を少なく申告してしまったら?そんな疑問にお答えします。
    359 views
  • 職業によるカードローン審査の結果の違い
    同じ金額のお金を借りる場合でも、職業によって審査の結果は変わってくるのでしょうか?カードローンの審査に通りやすい職業と通りにくい職業はある?職業はどれくらい審査に影響がある?その点について詳しく解説します。
    305 views
  • カードローンの契約に保証人は必要なの?
    カードローンの審査には保証人が必要?できれば、誰にも知られずにお金を借りたいけど、保証人が必要ならそれも無理...。そんな不安がある方も安心してください。今のカードローンのほとんどが保証人をつける必要が無いんです。
    339 views
 

ページのトップへ