> > 債務整理をしてもまたクレジットカードは作れる?

債務整理をしてもまたクレジットカードは作れる?

債務整理をする際に引っかかることといえば、今後一切クレジットカードが作れなくなったりローンが組めなくなったりするのではないか、という点ではないでしょうか?実は、作れるケースもあれば難しいケースもあります。その違いや条件について解説します。
87 views
債務整理をしてもまたクレジットカードは作れる?のイメージ

債務整理が終わったあなたに待ち受けていることはなんでしょう?もちろん借金返済が第一です。しかし債務整理をするにあたり、個人の信用情報に傷がつくのは避けられません。

債務整理したてホヤホヤのあなたに待ち受けているのは、「クレジットカードを持たない生活」です。借金完済後、最低5年はクレジットカードを持つことができません。

買い物のたびにポイントが貯まったり、優待サービスを受けられたりと様々な特典がついたクレジットカード。とても魅力的で、今では所有してない人のほうが珍しいほど。

果たして債務整理を行う上でクレジットカードはどのような存在になるのでしょうか?さっそく検証していきましょう。

 

カードを持たない生活とは

債務整理後のクレジットカードのない生活とはどのようなものでしょうか?イメージしてみましょう。・・・はい、急な出費が発生した時に手持ちのお金がないと困るくらいです。

何事も備えておくに越したことはありませんが、いつ起こるかわからないことを杞憂する必要はありません。もし車が故障したら?結婚式に招待されたら?念ながら車は処分、結婚式も理由を見つけて欠席するしかありません。債務整理をした自分の立場を理解しましょう。

クレジットカードのない生活も慣れればどうということはありません。海外で不自由するくらいで意外に難しいものではありませんし、なにより使える金額が明確です。浪費グセを直すには現金生活はもってこいです。

 

手持ちのカードはどうなる?

債務整理を行ううえで「手持ちのクレジットカード」は一体どうなるのでしょうか?もし、そのカード会社が債務整理の対象になっているのなら債務整理後には使えなくなります。

またカード会社と同系列会社のクレジットカードも情報の共有をしているので使えなくなります。1つのクレジットカードのショッピング枠もしくはキャッシング枠どちらか片方だけを債務整理することはできません。

会社単位での整理になるため、車のローンと同じカード会社を整理したい場合は車のローンを全額支払うか処分しなくてはなりません。では、債務整理の対象外のクレジットカードならどうなるのでしょう?

残念ながらどのカード会社も定期的に与信審査(信用状況を紹介すること)を行っているので、債務整理が発覚したとたんに使えなくなります。もし定期的に行わなくても、クレジットカード更新時には必ず与信審査しています。なので稀に有効期限が切れるまで使える場合もあります。

 

家族のカードはどうなる?

債務整理をした場合、果たして家族のクレジットカードはどうなると思いますか?信用情報というものは家族単位ではなく本人のみの実績なので家族には影響はありません。

ただし、債務整理を行った人が本会員の家族カードは利用できなくなる可能性があります。また、債務整理後に新規で家族名義のカードをつくる場合同一世帯だと審査が通らないかもしれません。

 

新たにカードをつくるには

ネット社会の今、あらゆる手段で知りたい情報を調べることができます。しかしいくら調べたところで個人の信用情報に異動記録が載っているうちはクレジットカードはつくることはできません。

もし「ブラックでもカードは作れます!」などと謳っているサイトがあるとしたら、それは怪しいと思ってください。クレジットカードが作れない間は、諦めて借金を返済することに集中しましょう。

 

異動情報の掲載期間から外れたら

CICやJICC、全銀協などの個人信用情報期間に債務整理の事実が掲載されている期間を過ぎると、形式上ではクレジットカードつくることができます。それを人々はネットスラングで「喪明け」と呼ばれています。ちなみに「喪中」は、いわゆるブラックリスト入りしてる状態です。

ただ、喪明けがきてもクレジットカードが作れないことがあります。いったいどうしてなんでしょうか?

 

ホワイトとは?

喪明けということはつまり信用状況が「まっさら=何もない」ということでもあります。ブラックリストに掲載されていなくても、信用状況になんの履歴もない場合「ホワイト」と呼ばれ、過去に「ワケあり」とされ審査に落とされてしまうことが多いです。

ある程度の年齢なのにクレジットカードを作ったことない人ってよっぽどの現金主義者か債務者しかいません。現金主義者で借金に一切縁のない生活をしていようと貯金がいくらあろうと、信用状況がホワイトである彼らにはクレヒスがないため審査を通過できないことがあるのです。

 

クレヒスとは?

信用情報に登録されている「クレジットヒストリー」を略してクレヒスと呼びます。簡単にいうと「クレジット履歴」です。クレジットカードをいつ契約したか、いくら利用したか、延滞してないか、しっかり返済したのかどうかが全てわかるようになっています。

カード会社はこれを参考に審査するので、一切の履歴がない人だと当然審査も難しくなります。貯金額などは関係しないため、そのホワイトがたとえ現金主義者であっても元ブラック(債務整理経験あり)ではないかと疑われてしまうのです。

誰だって債務整理を行ったホワイトにお金を貸すのは躊躇うものです。もしブラックリストから外れてクレジットカードを新たに作りたいと思ったらクレヒスの実績を積み上げていく必要があります。

 

クレジットカードをつくるためには

クレジットカードをつくるための手段としては、まずは審査の通りやすいカード会社に申し込みしてみましょう。コンビニやデパート、専門店などの流通系は比較的審査が通りやすいといわれています。また外資系も過去の債務状況より現在の収入や社会的地位を重視する傾向があるので審査が通りやすいです。

それでもダメな場合は携帯電話の分割購入をオススメします。携帯電話の分割払いも信用情報に載るためクレヒスの実績につながります。ただし、くれぐれも延滞はしないように心がけてください。

 

カード代用品として

だまだ喪中でクレジットカードは作れないけど「それは困る」という人にオススメの代用品があります。ひとつは銀行預金額を限度に利用できる「デビットカード」です。見た目はクレジットカードそのもの!預金してある金額までしか使えないので借金することはありません。

いわば持ち歩けるATMです。都度の引き落としなので預金がないとカード自体を使うことができません。またカードによっては年会費がかかる場合があります。残念ながらクレジットカード支払いが原則のレンタカーでは使えません。

 

もうひとつは「ETCパーソナルカード」です。これはデポジット(保証金)を担保に貯金口座・預金口座から引き落としするカードでETCを利用する人にはオススメです。

デポジット額は高めですが、解約する場合に返金されます。デポジットが少々高いのが難点ですが、高速で都度支払いを行う煩わしさから解放されます。

 

いかがですか。クレジットカードは特典満載で魅力的なものですが、ついつい使いすぎてしまうのが難点です。なんでも買えちゃう魔法のカードのように思ってしまいますが、支払える能力がなければ借金のキッカケに・・・なんてこともあり得ます。

なので知らない間に使いすぎてしまう人は債務整理を行うことで、今後はカードを持たない現金主義者として生活していくのがいいのかもしれませんね。

こちらの記事もよく読まれています

  • 債務整理と住宅ローン
    債務整理をすると、今住んでいる住宅はどうなる?支払いが残っている住宅ローンは?一度でも債務整理をすると、今後住宅ローンは組めない?そんな心配がある方向けに、今回は住宅にまつわるテーマでお届けします。
    140 views
  • 債務整理の相談はどこにしたらいい?
    覚悟を決めて債務整理をしようと決めたはいいけど、どこに相談に行けばいいの?弁護士や司法書士ならどこでもいいの?ほかに相談する先は無いの?など、いざ実行するとなるとわからない点が山積みだと思います。では、どこに相談するのが良いのでしょうか?
    96 views
  • 債務整理をしたらブラックリストに載ってしまう?
    借金の返済が困難になって、債務整理をするとブラックリストに載ってしまうのでは?そんな心配をしている方もいると思います。そもそも、ブラックリストというのは存在するのでしょうか?ここでは、個人の信用情報に焦点をあてて解説をします。
    92 views
  • 借金にも時効があるって本当?
    借金にも時効が存在するのをご存知ですか?時効援用が成立したらどんな借金でも法的に支払う義務がなくなりますが、間違った知識を持っていると最悪成立しない場合も!では、どんな落とし穴があるのでしょうか?
    91 views
  • パチンコや競馬などギャンブルで作った借金でも債務整理はできるのか?
    競馬やパチンコなどのギャンブルで、いつのまにか膨れ上がってしまった借金。もし消費者金融やカードローンなどでお金を借りている場合、債務整理はできるのでしょうか?ここでは、ギャンブルが原因の借金を整理する方法について詳しく解説します。
    91 views
  • 債務整理のメリットとデメリットを知っておこう
    債務整理は借金が軽くなるのでメリットの方が大きいと考えるかもしれませんが、デメリットについても知っておく必要があります。後から後悔しないためにも、債務整理をする前にメリット・デメリットの両面を確認しておきましょう。
    90 views
 

ページのトップへ