> > 絶対に失敗したくない!売却時の不動産会社の選び方

不動産売却時の業者の選び方

96 views

不動産を売却する際の業者はどう選ぶ?失敗しない選び方のポイントまとめ

いざ、住まいを売却しようと思っても、どこの不動産会社にお願いすればいいのか、悩んでしまいますよね。大きいお金が動くだけに失敗はしたくない!だれもがそう思っている筈。

そこで、不動産売却における不動産会社の賢い探し方・選び方について説明していきたいと思います。このページを見てた・見てなかったで、これからの不動産会社の選び方が変わってきますよ。

信頼できる不動産会社を見つけて売却しよう

実は、売却が成功するかは不動産会社選びにかかっていると言っても、過言ではありません。でも、売りたい人はついつい査定額で不動産会社を選んでしまいがち。

しかし、賢い「不動産会社選び」をしたいのであれば、次のことをチェックしておきましょう。

  • 売却を得意としているか?
  • 担当者に宅地建物取引主任者はいるか?
  • デメリットやリスクについてもしっかり説明してくれるか?
  • こちらの要求に応えてくれるか?
  • 査定額は適正価格であるか?

「高い査定額を提示してくれる不動産会社を選びたい」その気持ちもよくわかるのですが、実は思わぬ落とし穴があるんです。

不動産会社は得意・不得意がある

不動産という屋号があれば、どこでも売却依頼できると思ったら大間違い。もちろん、売却依頼ができないわけではないのですが、査定額が下がったり時間がかかったり、希望通りの売却ができない可能性があります。

というのも、不動産会社にも得意分野・不得意分野が存在するのです。先生という職業が、幼稚園教諭と高校教諭では全然違うように、不動産会社も会社によって専門分野が違います。賃貸物件を得意としているところもあれば、売却といってもマンションが得意だったり、一戸建てや土地だったり。

また、建築会社との繋がりが深ければ、一戸建てでも木造構造を得意としている不動産会社もあります。そのため、査定を依頼する前には、不動産会社の特徴を調べておくことが大切。

売却には宅地建物取引士が必要

売却に向けた査定する際には、担当者が住まいの状態を隅々までチェックすることになりますが、この時の担当者が宅地建物取引士(宅建士)かどうかは重要なポイントとなります。

宅地建物取引士はれっきとした国家資格であり、宅地建物取引士が立ち会わなければ売買契約は締結できません。売買契約において、宅地建物取引主任者が重要事項説明することは法律で義務づけられているのです。

そのため、住まいの売却のエキスパートである有資格者と資格を持たない者では、査定結果は雲泥の差。有資格者に査定させないということは、その不動産会社の営業の在り方も垣間見ることができます。

査定担当者が有資格者であるかどうかは、名刺で確認できますので参考にしてください。

有益じゃない情報も教えてくれる

住まいの売却など、そうそうあることではありません。そのため、どうしても売主はど素人。詳しくないだけに「黙っていればバレないだろう」と利益優先の不動産会社・業者もいるかもしれません。ましてや、不動産売買には専門用語も多くて分かりにくいですよね。

そういった専門的な事もわかりやすいように説明してくれたり、売主にとって都合のいいことだけでなく、耳の痛くなるようなデメリットや起こりうるリスクに対しても、しっかり説明できる不動産会社を選ぶようにしましょう。売却物件が中古である以上、デメリットがないということはありえないのです。

融通が利く

最終目的は住まいの売却ですが、その目的地に着くまでの間、不動産会社はあなたのパートナーです。やはり、気持ち良く売却できるに越したことはありません。

いざ、売買契約を結ぶにしても売主と買い手のスケジュール調整せず、自己都合で勝手に日にちを決めてしまうような不動産会社なら、どういう気持ちになるでしょうか。

「なるべく早く売りたい」「時間がかかっても高値で売りたい」など、売却に対する要望にしっかり応えてくれる不動産会社が理想です。また、どこまでならできる・できないの対応の線引きできる不動産会社も信頼度は高いと言えるでしょう。

適正な査定額を提示できる

査定額が高いに越したことはありませんが、よく考えてみましょう。売りたい側は「なるべく高く売りたい」と思うように、買いたい側は「なるべく安く買いたい」と思うもの。

不動産会社は双方の気持ちの橋渡しをする存在です。査定額は、あくまで不動産会社がそれまでの経験から「この金額なら売れるだろう」と予想した上限の価格にすぎません。

買い手との交渉次第では、査定額からの値下げをすることもあり、査定額より低い売却価格になることは多いのです。査定額というのは、不動産会社によって査定基準が異なるため、どうしてもバラつきがあります。

その不動産会社の持つ経験や土地勘も大きく影響してきますが、ある程度の適正価格というもの存在します。そのため「高く売りたい」という気持ちを飲み込んで、相場と相違ない適正価格を提示する不動産会社を選ぶようにしましょう。

むしろ、飛び抜けて高い査定額を提示する不動産会社は危険です。適正価格を把握していないということは、売却経験が浅いか利益を重視している可能性があります。また、高値だと買い手がつきにくく、いつまでたっても売却できない恐れも。

売却を依頼する不動産はやっぱり大手がいいの?

以上のポイントを押さえていても、たどり着いてしまうのが、大手不動産会社と地域型不動産会社のどちらに依頼すべきか?という悩みではないでしょうか。

大手不動産会社は、そのネームバリューから絶大な安心感があります。一方、地域型不動産会社だと、土地勘が高いため信頼感があります。でも、情報量なら大手不動産のほうが有利・・・なんて思っていませんか?

不動産会社は大手でも地域型でも、そのほとんどがレインズに登録をしているため、想像するほど情報量に差がないのが現状です。

レインズとは?

レインズ(REINS)は、Real Estate Information Network Systemの略称で、国土交通大臣から指定された不動産流通機構が運営しているネットワーク・システム。

会員である不動産会社が不動産情報を登録・閲覧でき、内容は日々更新されているため、新しい情報を入手することができます。レインズの会員であれば、大手であっても地域型であっても関係なく、同じ量の不動産情報を入手できるわけです。

大手不動産会社の特徴

大手は膨大な顧客情報を持っているので、最大の強みと言えるでしょう。また、大手は資金力があるため、人の集まりやすい駅や商業施設に店舗を構えていることが多いです。売り出しの宣伝も大々的に行うことができるので、多くの買い手候補の目に留まりやすいです。

ですが、大手ゆえに勤める営業マンは転勤があります。売却時期によっては、途中で担当者が変わる可能性も高いといえるでしょう。

地域型不動産会社の特徴

古くから営業しているなら、その土地に特化しているため、大手不動産会社では知り得ない、地域の内情にも詳しいです。地域情報に詳しいため、買い手の後押しをできる情報を持っているのも地域型ならでは。

大手に比べて資金力はありませんが、インターネットを利用しない買い手層へのアプローチができるのも地域型の特徴。またフットワークも軽いため、臨機応変に対応してくれることも多いです。


大手と地域型の優越は、売却したい物件や売主の要望によって異なってきますが、それぞれの強みをまとめるなら

  • 大手不動産会社は、ネームバリュー&独自の顧客情報量が強み
  • 地域型不動産会社は、その地域に特化しているが強み

と、いうことでしょう。それでも不動産会社選びに迷っているなら、一括査定サイトを利用するのもオススメですよ。

一括査定サイトは信頼できる不動産会社が探しやすい

昔は、住まいの売却といえば不動産会社に直接行くか、電話で査定を依頼することが当たり前でした。でも、最近は、一括査定サイトなる便利なものがあるのです。信頼できる不動産会社を探すためには、この一括査定サイトを使わない手はありません。

掲載される不動産会社はすべて、サイト運営する会社から「掲載しても問題ない会社であるか」を審査されています。トラブルを起こせば、当然サイトから除名されますから、掲載=信頼度が高い不動産会社というわけです。

また、サイトを通じて査定依頼を受けるということは一括査定、つまりは他社と比較されることが前提にあるわけですから、その査定への気合いも十分。

一括サイトで行われる査定は、無料査定が一般的なので、売却物件の相場を知る意味でも、一度試してみてはいかがでしょうか?

絶対に失敗したくない!売却時の不動産会社の選び方、まとめ

売却を失敗させないためには、不動産会社選びが肝ということがわかりましたね。しかし、不動産選びにおいて査定額だけを重要視するのはNG。高く売れることも大事ではありますが、

  • 売却を得意とする不動産会社である
  • 担当者が宅建士である
  • メリットだけでなくデメリットも説明してくれる
  • 融通が利く
  • 適正な査定額を提示してくれる

この5つがポイントとなります。また、大手だから良い、地域型だからダメということはなく、それぞれが持つ強みも理解した上で、あなたに合う不動産会社を探しましょう。

良い不動産会社を探すためには、比較することも大切です。ぜひ、一括査定サイトも活用してみてくださいね。

こちらの記事もよく読まれています

  • 絶対に失敗したくない!売却時の不動産会社の選び方
    96 views
 

ページのトップへ