> > 不動産の売却前にリフォームをしたほうが高く売れる?

不動産の売却前にリフォームをした方が高く売れる?

415 views

不動産を売却する前にリフォームをしておいたほうが査定価格は高くなる?

「もしかして売却前にリフォームすべき?」という疑問。

生活感を残した現状のまま売却するより、少しでも見栄えするようにリフォームしたほうが、売却には有利だったり「高く売れるのではないか」と思ったことはありませんか?でも、実際のところはどうなのでしょう?

疑問!売却前にリフォームはすべきか

「リフォームしてから売却したほうが、高く売れるのではないか?」

売却を考える誰もがつまづく疑問だと思います。たしかに「リフォームでキレイになった部屋」と「生活感の残る部屋」では、当然キレイな部屋のほうが買い手がつきやすいでしょう。

だからといって、安直にリフォームすべきではありません。なぜなら、リフォームするにはお金がかかるからです。

売主からしたら「リフォームした分、高く売ればいいじゃないか」と思うのが当たり前ですが、不動産売却においてはそう簡単にはいかないのです。リフォーム方法によっては、売却の妨げになることもあるんですよ。

リフォームすれば、確かに売れやすくなる

売主側の考えるリフォームといえば、壁紙やフローリング・畳の張替えやキッチン・トイレなどの水回りの入替えではないでしょうか。これらは簡易的なリフォームのため、費用も時間もそうかからず、パパッとキレイにすることができますよね。

キレイになった分、買い手の目には留まりやすくなるのは事実。そういう意味では、売れやすくなるといえます。売主はリフォームすることで売れやすい環境を作ることができますが、同時にデメリットも抱えることとなります。

リフォームすれば、当然リフォーム代は売却額に上乗せすることとなります。そうなると、どうしても適正価格より高い売却額になってしまいます。

買い手が購入を決める最終判断は、やはり価格なわけですから、売却へのハードルを上げることとなるわけです。売却前のリフォームがもたらすメリット・デメリットとしては

  • メリット:キレイになるため買い手の目に留まりやすい
  • デメリット:リフォーム代を上乗せするため売却価格が高くなる

となります。

つまり、売却前のリフォームは、売主のイメージするほどの効果は期待できないということ。

買い手はリフォーム・リノベ前提で中古物件を探している

最近の中古物件は、その後のリフォームやリノベーションが当たり前になりつつあります。

つまり、あなたの住まいを購入しうる買い手は、リフォームすることを前提とし、リフォーム代を少しでも確保できるよう、なるべく安い物件を探していることが多いです。

そんな買い手に対して「リフォーム済み」という売り文句はあまり意味のあるものではありません。売主と買い手では好みも違うでしょうし、若いファミリーとシルバー世代でも住まいに求めるニーズは異なっています。

キッチンに至っては、ガス・オール電化などの好き嫌いもあるでしょう。また、キッチンも使う人の身長によっては使いにくさも出てきます。そんな中、趣味ではないリフォームだと、買い手の購入意欲を削いでしまうことだってあるのです。

多少、壁や床が傷ついていたって、リフォーム前提なら買い手の減点対象にはなりません。むしろリフォーム可能な内装より、面積や間取り、周辺の利便性や見晴らしなどのほうがよっぽど重要なポイントとなります。

買い手の立場からしたら、100万円かけて勝手にリフォームされるより、リフォームせず100万円値引きしてもらったほうが、よっぽどお得に感じるのではないでしょうか。


だからといって、リフォームが全く意味のないものだというわけではありません。さきほど説明したように買い手の目に留まりやすくなりますし、買い手の中にはリフォーム・リノベを考えてない人だっているでしょう。

住まいの状況によってはリフォームが必要になることだってあるのです。

【例外】リフォームすることで売却が有利なることも

家族に喫煙者がいて、住まいにタバコの臭い・ヤニがこびりついている場合。またはペットを飼育していて壁や床が汚れてしまっている場合。嫌煙家や動物を苦手とする買い手もいますので、リフォームすることで売買に結びつく可能性がアップします。

また、壁や天井に穴が空いていたりボイラーが壊れているなど、日常生活に支障をきたす場合も、リフォームする必要があります。

それ以外にも場合によってはリフォームするほうが有利に働くこともあるでしょう。5年ほどの居住歴ならリフォームの必要はないと思いますが、もしリフォームすべきか悩んでいるのなら、経験豊富な不動産会社に相談すると良いでしょう。

リフォームを過剰に勧める不動産会社には要注意

もし、不動産会社がやたらにリフォームを勧めてくる場合は注意が必要です。なぜなら、不動産会社とリフォーム会社がウラで結託している可能性が高いのです。

リフォームすることで売れやすくなるのは正論なのですが、リフォーム会社からのマージン欲しさに不要なリフォームを勧めていることもありうるわけです。

最低限のクリーニングは購買意欲アップにつながる

リフォームが必要ないからといっても、住まいをキレイにしておくことはとても重要なこと。いくらリフォーム・リノベ前提の買い手が多いからといっても、埃や汚れの多い家を目の当たりにしたら、良い印象を持ちはしないでしょう。

日頃からキチンと掃除・整理整頓は行い、いつでも内覧できる状態にしておくことは大切です。落としきれない汚れがある場合は、クリーニング会社に依頼してクリーニングしてもらうのも◎

また、売主自身の印象も買い手へのアピールポイントとなります。受け答えや服装が与える印象がだらしなかったり、ハッキリしなければ購入が遠のくことだって考えられます。誠心誠意の気持ちで買い手と接するように心がけてください。

疑問!売却前にリフォームはすべきか、まとめ

売却前のリフォームは、その真新しさから売れやすくなることは事実ですが、リフォームをした分高く売れるというものではありません。

中古物件を求める買い手のほとんどが、リフォーム・リノベを前提に物件を探しているわけですし、リフォーム分を上乗せされるより、リフォームせず値引きしてもらったほうが、よっぽど売却の可能性が高くなります。

それに、売却後に住むのは買い手なわけですから、リフォームするしないは買い手に委ねるべきでしょう。ただし、タバコ・ペットで汚れているときなど、リフォームすべき例外もあります。

その場合は、不動産会社の意見も参考にし、必要最低限にとどめておくこと。売却額に上乗せするリフォーム代が高ければ、その分、売れにくくなってしまいます。

リフォームはせずとも最低限のクリーニングを行い、住まいの清潔さをアピールできるようにしておきましょう。また、売主の印象が売却を左右させるということも、頭の片隅にいれておいてくださいね。

こちらの記事もよく読まれています

  • 不動産売却でなかなかマンションが売れない時はどうする?
    782 views
  • 不動産売却における媒介契約の種類
    不動産売却を依頼する際の3つの契約の違いって理解していますか?物件や売主のタイプによって、選ぶべき契約が変わります。ここでは専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の違いとそれぞれの契約に見合った物件を初心者にもわかりやすく説明します。
    452 views
  • 不動産を売却するのと賃貸に出すのはどっちがオトク?
    441 views
  • 不動産売却の理由によって査定の際のポイントは変わる
    462 views
 

ページのトップへ